So-net無料ブログ作成
検索選択
Fリーグ ブログトップ
前の10件 | -

名古屋と大阪 ゴールの比較 [Fリーグ]

先程投稿した得点ランキングと連動して、もうひとつすごいと思うことがありました!

現在、名古屋はリーグ1位、大阪はリーグ4位となっています^_^

そのような状況を踏まえて、得点ランキングベスト5に3人も入っている大阪がなんで4位なのか、そして、得点ランキング1位とはいえ、森岡選手しかランクインいていない名古屋がなぜ1位なのか少し考えてみました!

すると、大阪は総得点57点の内、39点を3人でとっています(^^)
これは、パーセントでいうと実に68%、約7割のゴールを3人でとっていることになります!

一方、名古屋は総得点62点の内、20点が森岡選手のゴールなので、パーセントでいうと32%、約3割が森岡選手のゴールになっていました!

ほかの7割の得点者は、得点ランキング上位には入っていないのに、これだけ沢山のゴールをとっているということは、名古屋はみんながゴールをとる力があるということ。

つまり、誰でもどこからでもゴールがとれる。

そのような中でも困ったときは、エースの森岡選手がとってくれる。

絶対的エースがいながら、周りの全員のレベルが高いのでしょう。

みんなが高いパフォーマンスを見せながらも、頼れる選手がいる。

そこが得点ランキングには現れにくくても、順位にはしっかり現れているところなんでしょう!

勉強になりました*\(^o^)/*





Fリーグ得点ランキング&決定率 [Fリーグ]

シーズン、今現在の得点ランキングは、
※選手名、[チーム]、(得点/シュート数、決定率)
1位    森岡薫選手[名古屋
          (20/94、21%)
2位    ヴィニシウス選手[大阪
          (19/88、21%)
3位    西谷良介選手[フウガ]
          (12/44、27%)
4位    永井義文選手[大阪]
          (11/59、18%)
5位    アルトゥール選手[大阪]
          (9/57、15%)
となっているようです!
ということで、シュートの決定率は、平均すると20.4%になりました(^^)
つまり、計算上フットサルでゴールを奪うには、5本のシュートを打てば1点入るということになります?
もちろんスポーツですので、いくら机上で計算してもその計算が当てはまらないことが沢山あることはわかっています(^^;;
しかし、トップクラスの選手でも平均すれば5本打たなければ1点も入らないということになるので、とにかくシュートを打つことは大事だなと思いました!
フットサルで1試合に5本打つのは簡単だと思う方がいるかもしれませんが、全員が全員1試合に5本のシュートを打てる訳ではありません!
貪欲にゴールを狙ったシュートを5本打つのは、大変なものです(~_~;)
しかも、5本というのは1点とるために必要な本数なので、2点とるためには10本のシュートが必要になってきます!
先程も言ったとおり、その日の調子や試合の流れ等、いろいろな条件によって2本しか打ってないのに2点とったりする日もあるでしょうが、平均すれば約20%になるんだと思います!
まぁ、何が言いたいかというと、試合ではとにかくシュートを打たなければ入らないということ(*^^*)
シュートを打てば、何かが起こる可能性がある?
ちなみに森岡選手は、14試合に出場して94本のシュートを打っているので、1試合平均6.7本のシュートを打ち、1試合平均1.4点を決めていることになります!(≧∇≦)
実力差は置いておくとして、まずはこの量のシュートを毎試合コンスタントに打っていくことが相手にとって嫌な敵になる第一歩なんじゃないかと思います( ^ω^ )





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

Fリーグ動画が見れる! [Fリーグ]

いや〜、DMM動画でFリーグの動画配信がなくなって、これじゃあ今シーズンからFリーグの試合が見れないじゃないかと思っていたら、なんと、新しくスポンサーになったゼビオスポーツの公式ホームページから入っていくと、Fリーグの試合が見れるじゃないか[グッド(上向き矢印)]

これはうれしい[exclamation×2]

DMM動画のようにハイライト編集はされていないけど、こうなれば見れるだけで十分!!

しっかり試合を見ていろいろ盗むと共に、みなさんに還元していこうと思います[晴れ]

http://www.oh-en.com/web/





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

衝撃のニュース! [Fリーグ]

個人的に衝撃のニュースが発覚しました。



なんと、DMMのFリーグチャンネルが、今月いっぱいで廃止になるそうです[もうやだ~(悲しい顔)]


今まで、Fリーグはこのチャンネルを見てチェックして、いろんなプレーを参考にさせてもらっていたのに、まさかの廃止。


フットサル好きとしては、フットサルのプレーが見れる貴重なサイトだっただけに、これが見れなくなるのは痛すぎる[グッド(上向き矢印)]

いや〜、今のところ新しくFリーグを見れるようなサイトができる予定もないみたいだし、こりゃ本気で参ったわ。
残念すぎる[雨]

月々980円で見放題という安さも気に入ってたのになぁ。


朝から今日の天気ばりに残念なニュースでした。




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

絶妙なシュートタイミング! [Fリーグ]

今回は、Fリーグ第27節バサジィ大分×エスポラーダ北海道の一戦からエスポラーダ北海道♯24室田選手の2ゴールをピックアップしました[ぴかぴか(新しい)]


1点目は、バサジィに先制点を取られた直後のキックオフからのボール回して、左アラの位置から中に入ってきた室田選手が右足の足裏でなめてシュート[exclamation×2]

これが右ポストに当たりながらゴールイン!!!

ボールをなめてからシュートまでがめちゃめちゃ速いです[グッド(上向き矢印)]

こんなタイミングでシュートを打てれば相手はかなり嫌がると思います[あせあせ(飛び散る汗)]


2点目は、カウンターで右前でボールを受けた室田選手が相手と1対1の勝負[ダッシュ(走り出すさま)]

小刻みなステップから少し前に出た瞬間にシュート[サッカー]

1点目同様、素晴らしい絶妙なタイミングのシュートで相手も対応できていませんでした[るんるん]

ドリブルからシュートに入るまでがめちゃめちゃ速いです[グッド(上向き矢印)]

きっと、細かいステップ系のトレーニングや瞬発系の筋トレをしているんでしょう[晴れ]


勉強になります!




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

Fリーグ府中アスレティックFC×名古屋オーシャンズ [Fリーグ]

Fリーグ2014府中アスレティックFC×名古屋オーシャンズピックアップ[ダッシュ(走り出すさま)]


まずは、8分!府中の背番号10番山田ラファエルユウゴ選手が前線でボールをカットしてゴレイロとの1対1で、ゴレイロをあざ笑うかのようなフワッとしたループシュートで先制ゴール[サッカー]


そうなると、名古屋の10番も黙っていない。


19分。


左サイドから中へカットインしてニアサイドへ豪快ミドルで同点[カラオケ]



しかし、後半2分。

府中の8番上福元選手がカウンターから右サイドでボールを受け、第2ペナやや後方から逆サイドのサイドネットに突き刺す鋭いシュートで勝ち越し[exclamation×2]


試合も終盤の後半15分。

名古屋のシンビーニャ選手が左サイドからカットインと見せかけてストップ

そして、逆サイドから中に入ってきた4番ラファエルサカイ選手にパス

サカイ選手が足裏でなめてシュート[グッド(上向き矢印)]

一度キーパーに防がれるも、再度押し込んで同点ゴール[るんるん]

残り5分で同点という激アツな展開だったが、直後の後半16分。

ゴレイロが相手ゴール前に投げたボールに府中の選手が反応し、ヘディングしようとするが触れず[台風]

しかし、それが功を奏して名古屋のゴレイロがボールに触れてしまい、そのままゴール!!
オウンゴールで府中が勝ち越し!!!

更に1分後の後半17分。

府中の21番柴田選手がカウンターで単独ドリブル[ー(長音記号1)]

切り返しで相手をかわし、試合を決めるゴール[exclamation]


これで府中は終わらず、後半20分。

府中のゴレイロ田中選手が名古屋のパワープレーのボールをセーブし、そのまま無人のゴールにパントキックできっちりゴール[るんるん]


ん〜、どのゴールもレベルが高くて見ごたえのある試合でした[晴れ]





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

Fリーグ府中アスレティックFC×フウガすみだ [Fリーグ]

今回は、Fリーグ2014第17節から府中アスレティックFC×フウガすみだピックアップ[exclamation×2]


この試合は、フウガが府中を圧倒するゲームでした[サッカー]


試合は、試合開始早々、まずフウガすみだ♯11清水選手が、前プレからボールをカットしてすぐさま左足を振り抜き、サークルの中央やや後方あたりからネットに突き刺さる爽快なゴール[ダッシュ(走り出すさま)]


更に4分、同じくフウガすみだの♯9田村選手が左サイドで縦にいる選手と縦ワンツーで中央付近からしっかりゴール[グッド(上向き矢印)]
正にフットサルの理想的なゴールでした!!!

しかし、府中も黙っていない。

6分、前プレでボールをカットした♯21柴田選手がきれいにファーサイドのサイドネットに流し込み、1点差!


ところが、11分、フウガが左サイド奥から中に入れた強パスが府中のディフェンスに当たりオウンゴール[あせあせ(飛び散る汗)]
フウガが攻めた結果に得られたゴールで追加点[ー(長音記号1)]


続く12分、またまたフウガが追加点[exclamation]
♯4諸江選手が斜めに走って縦に抜け出し、縦パス1本から技ありゴール[晴れ]


どれも違った形のゴールで、バリエーションの豊富さをみせつける[ひらめき]


まだまだフウガが止まらない!!!

17分、カウンターから左サイドの縦に当て、中に折り返したところをきっちりファーサイドでゴール[雷][雷]

電撃的なゴールで6−1。


そして、同じ17分。

フウガの♯4諸江選手が左前で粘ってボールを取り返し、中に走り込んだ♯6宮崎選手がダイレクトシュート[るんるん]


試合は後半に入り、28分。

フウガの♯11清水選手が右サイトのセンターラインあたりで相手を背負って、お手本のようなターンで相手と入れ替わり、ファーに選手が走り込んでいたにもかかわらず、自ら豪快に右足を振り抜きゴール[サッカー]

32分。

フウガのゴレイロからスローで♯杉尾選手へカウンターのボール、ももでトラップしながら反転してゴールを向き、デイフェンスの前に入って体を入れながら、出てきたあいてゴレイロを気持ちよくかわしてゴール[パンチ]


34分に府中の♯21柴田選手がパワープレーから豪快に右足で打ち込み、40分に♯6関選手が同じく右足で豪快でゲットするも、万事休す。。。


フウガが決めるところをきっちり決めて勢いを保ち続けたことが勝因と言えるかもしれません。


とにかく、見ていて気持ちのいい試合でした[ぴかぴか(新しい)]





Fリーグ第17節 名古屋オーシャンズ×ペスカドーラ町田に注目!! [Fリーグ]

今日は、Fリーグ2014第17節名古屋オーシャンズ×ペスカドーラ町田の一戦に注目してみました[exclamation×2]


この試合は、5−2で名古屋オーシャンズが勝利したのですが、そのゴールがどれも素晴らしかったです[グッド(上向き矢印)]


まずは、名古屋の背番号10番シンビーニャ選手!!!

フィクソから浮き玉の縦パスを走りながら第2PKあたりで胸トラップすると、そのままゴレイロをあざ笑うかのようなループシュート[ひらめき]

あのイゴールが棒立ちになるようなビューティフルゴールでした[晴れ]


次は、名古屋の♯17八木選手が、相手からボールを奪ってそのままドリブルで駆け上がって強烈なトゥーキックシュートで豪快なゴール[exclamation×2]


更に、相手のミスを見逃さなかったシンビーニャ選手が、しっかりとサイドネットにボールを蹴り込んでゴール[サッカー]
簡単にやっているように見えますが、ああいうシュートってなかなか決められないのに、さすがだなぁと思います[ぴかぴか(新しい)]

そして、後半には、名古屋の♯4ラファエルサカイ選手がサイドでキープしてから個で中に入り込み、左足を振り抜いてゴール[雷]

その後、町田の♯14大地選手が相手からボールを奪って1点を返すも、名古屋のエース♯9森岡選手がパワープレー返しでゴールして5−1。

最後に町田がパワープレーで1点を返して5−2とするも、試合終了。

組織の中にも個のゴールが光った試合で魅せられました!!!!

試合はこちら↓






スルーパスからのゴール! [Fリーグ]

今日は、Fリーグ2014第16節において魅せたスルーパスからのゴールを特集[グッド(上向き矢印)]


調べてみるとスルーパスとは、

サッカーにおけるパスのひとつで、相手のディフェンスラインの間を通って、味方に繋ぐパスのことを指す。相手ディフェンダーの最終ラインを貫き、スペースへ走りこんだ味方へパスを繋ぐことで、ゴールチャンスを作り出すことがスルーパスの最大の目的となっている。
パスの受け手との連携は必要不可欠であり、相手ディフェンダーの間を縫うようにしてピンポイントで送り出すキック精度、観察力や発想力などが大きく求められるプレーである。
スルーパスの能力に特化し、再三チームにチャンスを与えることができる選手は、中盤の要や司令塔と呼ばれることが多い。』

とか、

『スペースへのパスの一種で、英語ではpenetrating passdeep passなどとも言われる。相手ディフェンダーの間を通り抜け、ディフェンスラインの裏などのスペースへ抜けていく選手へ合わせるパス。相手のディフェンスラインを突破するための手段として使われ、ゴール前のスペースで味方にスルーパスを通すことができれば、決定的なチャンスになりやすい。 スルーパスを成功させるためには、出し手と受け手の意思の疎通が大切で、オフサイドにならないようにタイミングを合わせることや、二人で同一のスペースを狙うことなどが重要となる。 ディフェンス側は、スルーパスを成功させないように工夫して守るので、なかなか成功しない難易度の高いパスといえる。』

などと紹介されている[るんるん]


サッカー界で名スルーパサーと言えば、

  バルデラマ、ルイコスタ、リケルメ、シャビ、中村俊輔、柴崎岳

など、いろいろな意見があると思いますが、どの選手もスルーパスによって観客を魅了していると思います[飛行機]

自分の想像を超える瞬間。

受け手と出し手のタイミングがピタッと合う興奮。

スルーパスというプレーが嫌いな人はいないんじゃないでしょうか?

そんなスルーパス5本を一挙にご紹介!!!↓
http://youtu.be/nalLSmoL_Ns




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

コーナーキックからのゴール! [Fリーグ]

Fリーグ2014第16節では、珍しくコーナーキックからのゴールが多かった気がします[サッカー]


カテゴリーが上がれば上がる程、コーナーキックと言っても普通に後ろの選手に返してそこから崩し始めるというプレーが多いのですが、今節はコーナーからのゴールがいくつもありました[ダッシュ(走り出すさま)]


しかし、何か複雑なことをしている訳ではなく、どれもとてもシンプルなプレーからのゴールです!!!

正に『シンプル イズ ザ ベスト』

何でもシンプルが一番ですね[ひらめき]

こちらをどうぞ↓
http://youtu.be/8IbAVxFQJho
前の10件 | - Fリーグ ブログトップ
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。